[自費出版ネットワーク]

■「自費出版契約ガイドライン」について(ご案内)■


NPO法人日本自費出版ネットワークは2008年2月13日開催の理事会で「自費出版契約ガイドライン(自費出版事業者が自費出版を希望する著者と自費出版契約を結ぶ際のガイドライン)」を決定いたしました。このガイドライン策定の目的は、その遵守を表明した事業者を審査し「自費出版契約ガイドライン遵守事業者」として認定、さらに遵守事業者の情報を公開することで、自費出版を行う方々が安心できる自費出版環境をつくることです。

昨年(2007年)以来、自費出版をめぐるトラブルが社会問題になっています。実際には当自費出版ネットワークへの会員からのトラブルの相談などはほとんどないのですが、一部の出版社の問題などから世間一般に自費出版全般への不信感が広がることは大変に憂慮すべきことです。また、最近の消費者の権利保護の流れの中では自費出版もその例外でなくなったという側面もあります。今回のガイドラインはこうしたことから、第三者による認定という方法により、自費出版を希望する一般著者・消費者に安心感を与えるという観点から4ヶ月間にわたり議論を重ねてきたものです。こうした活動を通して、日本自費出版ネットワークがより信頼できる事業者の団体になるために、ご協力とご支援をお願いいたします。

「自費出版契約ガイドライン遵守事業者」は、申請にもとづいて、毎月1回以上、NPO法人日本自費出版ネットワーク理事会または運営委員会で審査のうえ、認定されます。認定された事業者名は、当ネットワークのホームページなどに公開されます。また、遵守事業者は自社の広告、ホームページ、名刺などの媒体上に「自費出版契約ガイドライン遵守事業者」であることを自由に記載することができます。

NPO法人日本自費出版ネットワークは、会の趣旨にのっとり、当ネットワーク正会員以外の、日本国内において自費出版を行う事業者についても、正式の申請があった場合には「自費出版契約ガイドライン遵守事業者」の審査を行い、認定・公表を行います。詳細は申請・認定に関する規定をご覧ください。

  • 自費出版契約ガイドライン本文
  • 自費出版契約ガイドラインの申請・認定に関する規定
  • ガイドライン遵守事業者一覧(2009/07)
  • 自費出版ネットワークへの連絡・申込