2011年度第14回日本自費出版文化賞の結果(2011年9月2日)  [日本自費出版ネットワークTOPに戻る] [前に戻る]


■第14回日本自費出版文化賞の部門別応募数は以下の通りです。

部門 応募点数
・地域文化部門  75
・個人誌部門  141
・小説エッセイ部門  187
・詩歌部門 106
・研究・評論部門  97
・グラフィック部門  45
 合計   651


最終選考結果(部門賞・大賞)
入選作品(第2次選考の結果)
一次選考突破作品



●最終選考結果(部門賞・大賞)
【↑】

第14回日本自費出版文化賞(日本グラフィックサービス工業会主催、日本自費出版ネットワーク主管)の最終選考会は2011年9月2日に東京都内で開かれ、大賞1点、部門賞6点、特別賞5点(協賛各社賞など)が選出されました。

今回の自費出版文化賞・大賞に選ばれたのは地域文化部門の『アイヌモシリ・北海道の民衆史-人権回復を目指した碑を訪ねる-』(杉山四郎・北海道岩見沢市)。審査にあたった色川大吉委員長は「北海道の開拓の歴史を、囚人、土着民、開拓民など下積みの人々の労苦という観点からとらえるという視点がしっかりしている。広い北海道各地に残された膨大な碑文を訪ね歩いた労作であり、これまでの研究成果の集大成でもある」と、その選考理由を述べました。その他の各部門賞、特別賞と審査員の評価は以下のようになっています。

地域文化部門賞は『貸本屋独立社とその系譜』(藤島 隆)。札幌の小さな貸本屋の歴史を関係者への克明な取材などを通してまとめている。当時の人間像も生き生きと描かれている。
個人誌部門賞は『戦時救護白衣の青春-看護の途60年をふり返って-』(大手カネ)。なかなか書かれることの少ない従軍看護婦の記録。戦争の悲惨さが書かれると同時に大正生まれの女性の生き方を描く自分史でもある。構成がしっかりしている。
小説・エッセイ部門賞は『この時代!もう一つの自分探し四国八十八ヵ所』(竹中司郎)。定年退職後に四国・遍路道をひとりで歩き、自分をみつめる。ひたすら歩き、ひとと出会い、考える。純粋な気持ちで心を込めて書かれた体験記録。
詩歌部門賞は『津軽・抄-方言詩集-』(福地順一)。方言で書かれた詩集。ジャンルごとに分かれた構成で、津軽弁の音楽性をうまく使い、人間性を高いレベルで表現している。
研究・評論部門賞は『印籠と薬-江戸時代の薬と包装-』(服部 昭)。薬学の専門家による印籠の研究。庶民の生活に関係する薬を文化史として、幅広い分野からアプローチしている。
グラフィック部門賞は『米軍基地を返還させた・砂川闘争(写真集)』(星 紀市)。基地反対運動としての砂川闘争の歴史。戦前から1990年代まで、全体像がわかる生き生きした写真集。解説もコンパクトでよくまとめられている。

特別賞は5点です。

『泉大津濱八町地車礼讃』(花内友樹)。江戸時代から現代まで、製作された地車(だんじり)の構造、作者、彫刻にいたるまで克明に調査した“だんじり事典”ともいうべき作品。
『私たちが通ったアメリカの学校-小・中・高校フィールドワーク-』(奥村玲子)。子供3人とアメリカで暮らした3年間の記録。特に学校教育について、日本との違いなど状況がよくわかる貴重な体験記。
『歌集エンドロール』(三田村正彦)。京都西陣の旧家で育った作者の新しい短歌の試み。章立てがしっかりしている。
『楽しくないと介護じゃないよ』(しあわせ家族デイサービスセンター生活相談室)。きわめて今日的な問題。介護されるひとたちの積極性を引き出すというコンセプトが介護の新しい展望を開く。
『鶴のくる村』(福島菊次郎)。作者の初期の時代の八代のナベヅルの写真集。昔の自然や生活を残したいという郷土に対する愛情が胸をうつ。

賞名 書名 著者名 著者住所 発行者
日本自費出版文化賞・大賞 アイヌモシリ・北海道の民衆史-人権回復を目指した碑を訪ねる- 杉山四郎 北海道岩見沢市 中西出版
地域文化部門 貸本屋独立社とその系譜 藤島 隆 北海道札幌市 北海道出版企画センター
個人誌部門 戦時救護白衣の青春-看護の途60年をふり返って- 大手カネ 群馬県邑楽町 海流社
小説・エッセイ部門賞 この時代!もう一つの自分探し四国八十八ヵ所 竹中司郎 神奈川県川崎市 東京図書出版会
詩歌部門賞 津軽・抄-方言詩集- 福地順一 北海道札幌市 鳥影社
研究・評論部門賞 印籠と薬-江戸時代の薬と包装- 服部 昭 兵庫県川西市 風詠社
グラフィック部門賞 米軍基地を返還させた・砂川闘争(写真集) 星 紀市 東京都立川市 ヤマス文房
特別賞 泉大津濱八町地車礼讃 花内友樹 大阪府泉大津市 花内友樹
特別賞 私たちが通ったアメリカの学校-小・中・高校フィールドワーク- 奥村玲子 広島県東広島市 梅田出版
特別賞 歌集エンドロール 三田村正彦 京都府京都市 青磁社
特別賞 楽しくないと介護じゃないよ しあわせ家族デイサービスセンター生活相談室 兵庫県神戸市 北星社
特別賞 鶴のくる村 福島菊次郎 山口県周南市 ギャラリー三匹の猫

入選作品(第2次選考の結果)
【↑】


第14回日本自費出版文化賞の第2次選考会は2011年7月9日、東京都内で開かれ、以下の入選作品が選出されました。各部門の入賞作品は次の通りです。

部門 書名 著 者 住 所 発行所
地域文化部門 因幡・伯耆日本海廻船 中林 保 鳥取県鳥取市 綜合印刷出版
ウリ・トンポ(同胞)ウリ・トンネ(町・村)百話-もう一つの神奈川史- 孫 済 河 神奈川県川崎市 啓明書房
続・あつぎの女性-民権家子孫の聞き書きと女性史年表- さがみ女性史研究会 神奈川県厚木市 さがみ女性史研究会
飛ぶ橇文庫―小熊秀雄―詩・ひと・童話 小熊秀雄、石川郁夫 北海道旭川市 小熊秀雄賞市民実行委員会
長谷川泰ものがたり-医に燃えた明治の越後人- 長谷川泰を語る会 新潟県長岡市 郷土の偉人 長谷川泰を語る会
ふるさと川崎の自然と歴史(上・中・下巻) 高橋嘉彦 神奈川県川崎市 高橋 英
水戸藩玉里御留川-近世霞ヶ浦の漁業と漁民- 小美玉市玉里古文書調査研究会 茨城県小美玉市 小美玉市玉里古文書調査研究会
みなとまち高砂の偉人たち-未来へ発信・先人に学ぶまちづくり- 吉田 登 兵庫県高砂市 友月書房
個人誌部門 ありがとうあしながさん-ある測量士の生涯ボランテイア奮戦記- 岡島信治 埼玉県所沢市 創栄出版
新京・長春の記憶-子や孫に伝えよう戦争の悲惨さを- 磯部荀子 東京都世田谷区 日本長春会
   第2ステージ 芝原幸子 大分県大分市 大分合同新聞社
旅紡-出逢いで心を紡ぐ旅インド- 小川裕介 東京都三鷹市 小川裕介
つれづれ窓 渡辺泰充 東京都墨田区 東京図書出版会
坂東大蔵花暦-芸道一代記- 千田草介 兵庫県高砂市 北星社
百機で撮った東京百景-クラシックカメラ・トイカメラ- 松宮光伸 埼玉県戸田市 風詠社
六年目の空蝉-独居老人日記抄- 藤井正男 愛知県名古屋市 HIME企画
若者たちは今 浅井 勉 愛知県岡崎市 歴人社
小説エッセイ部門 風のなごり・光の春-ある安曇野の家族の譜- 鎌倉まゆみ 長野県安曇野市 幻冬舎ルネッサンス
小江戸に吹きまくつむじ風 粟田良助 埼玉県川越市 東京図書出版会
後家足袋の記 石川 柊 兵庫県芦屋市 朱雀社
心のままに-記憶の光を感じながら- 久賀逸子 大分県大分市 久賀逸子
散りにし花は-昭和二十八年、私だけの松川事件- 西村岑一 山形県山形市 西村岑一
電話交換手たちの太平洋戦争 筒井健二 福岡県小郡市 文藝春秋(企画出版部)
早池峰恋歌 町田俊子 東京都武蔵野市 文芸社
盲いてもなお愉し 二村 晃 兵庫県川西市 茨城新聞社
ゆるやかに下降線-ようやく下降線を楽しめる年齢になりました- なかくぼくにこ 埼玉県志木市 ゆっくり堂
ようこそ森の図書館へ 若穂由紀子 長野県長野市 新風舎
詩歌部門 句集生国 松田秀一 茨城県水戸市 本阿弥書店
句集天帝 湯浅芳郎 岡山県真庭市 朱雀俳句会
句集花いばら 松本明子 新潟県佐渡市 安楽城出版
句集ポピーぽんと咲き 椎野惠子 東京都新宿区 揺籃社
句集『水の歌』 水上孤城 長野県長野市 本阿弥書店
春の夢金子美津子句集 金子美津子 埼玉県越谷市 ふらんす堂
声のかたち 池谷敦子 愛知県名古屋市 美研インターナショナル
都市のしじま 岸田裕史 大阪府高槻市 書誌水明舎
研究評論部門 お茶の世界の散歩道-お茶には愛される理由がある- 森竹敬浩 静岡県静岡市 講談社出版サービスセンター
音屋の青春-ミクサーが語るラジオドラマ黄金時代- 沖野 瞭 神奈川県平塚市 沖野 瞭
全国の街道を歩く(全23巻)-中山道・薩摩街道など15街道と総集編(計23冊)- 中山高安 埼玉県川越市 中山高安
天神さまの細道-菅原道真を紀行する- 永富明郎 埼玉県さいたま市 東洋図書出版
Propreté de Paris パリの護美-日本が変わるきっかけに- 小谷育弘 神奈川県川崎市 小谷育弘
評伝鳴海要吉 竹浪和夫 青森県むつ市 下北文化社
琵琶湖のハスと近江妙蓮 中川原正美 滋賀県守山市 サンライズ出版
グラフィック部門 大城侃子作品集Nana 大城侃子 東京都八王子市 大城侃子
オサクばあちゃんのひとりごと-明日への絵本- 狸小路きみこ 北海道札幌市 法邑興業
CAMBODIA立岡秀之写真集 立岡秀之 三重県松阪市 幻冬舎ルネッサンス
TomorrowCAMBODIA2002-2010立岡秀之写真集Ⅱ 立岡秀之 三重県松阪市 風詠社
ことばを失った母へ─介護のための絵本─ 坂下加代子 東京都杉並区 下田出版
昭和17年、戦時学生の日誌 筈見時男 滋賀県大津市 筈見時男
ボタン-100年の旅をしたテディベアの物語- すがわら いちえ、すがわら さおり 東京都足立区 暮しの手帖社
水澤鉱山ものがたり-甲谷要作さんの和賀仙人- 児玉智江 岩手県北上市 和賀仙人水澤鉱山を探求する会
大和路の四季折々-庄司太輔写真集- 庄司太輔 兵庫県西宮市 東方出版

【↑】


●一次選考突破作品(以下は、2次選考に残った作品です。表彰はありません)

【↑】


部門 作品名 著者名
地域文化部門 飯島物語-院長十年の軌跡- 坂本哲也
  〃 画家井口香山-山と漢詩と画友と- 上條須美子
  〃 気仙沼湾を豊かにする大川をゆく-森は海の恋人の舞台- 大熊光治
  〃 雲の上いつも晴れ-晴雲寺本堂再建記事- 伊藤智遵
  〃 群馬伝統銭湯大全 抜井諒一
  〃 西国街道を行く-街道ぶらり旅安芸・備後路- 中川 正
  〃 佐渡國小木港祭り2004年8月から2009年8月までの小木港祭りの記録 金子淑子
  〃 信州小松氏の物語-平家嫡流の末裔-(付録)後日譚 小松暁夫
  〃 信州の布これまでとこれからと-貼る包む遊ぶ衣う- 徳嵩よし江
  〃 全国の山々を駆けめぐった木地師の里を訪ねて 岸本治二
  〃 竹下甫水時局日記 竹下甫水
  〃 追補版鎮守の森は今 竹内壮市
  〃 光と風の空はるか-立石小学校創立百周年記念誌- 立石小学校記念誌事業実行委員会
  〃 ひたすら信じて 生活を通して考える近・現代史研究会
  〃 美馬市の地名・その謎に挑む 國見慶英
  〃 龍馬・お龍・土佐-土佐の語り部の秘密- 岩崎義郎
  〃 龍馬を見抜いた男「樋口真吉伝」-届かなかった手紙- 南 寿吉
  〃 わが青春の宝塚映画-宝塚映画製作所・宝塚映像株式会社作品譜- 髙野昭二、板坂靖彦、  保田善生ほか
  〃 わちぬの里 芝浦田鶴子
個人誌部門 赤い夕日の曠野-小村光春自叙傳- 小村光春
  〃 足利藩戸田家の歴史-三河田原での室町末期から下野足利での明治維新まで 菊池恭孝
  〃 ありがとうの(n+1)乗-武井学術振興会創立20周年記念- 武井たつ子
  〃 生きる-人生二十五・戦時中ノ記- 金井三郎
  〃 一語一絵-よどみなき言葉の河よ流れよ- 瓜生 喬
  〃 犬から教わった禅-在家者として体験したこと、考えたこと- 松本隆男
  〃 浮島の旅[第一部]激動の時代を生きた我が一族の記録 田中 操
  〃 ウンダムランダム-舫う仲間たちとの66の物語- 鈴木 守
  〃 大相撲と私-私の昭和30年代史- 城山憲三
  〃 外国撮り歩る記-パート5- 北風英子
  〃 家系ものがたり温故知新-先祖の真摯な生き方を見つめて- 佐藤利夫
  〃 神様からの教科書-IgA腎症難民だった私の十八年 柴田 豊
  〃 クアラルンプールバツゥケーブ作業隊-強制労働・飢餓・望郷の青春ー 野津健治
  〃 グローバル万華鏡 仲津 真治
  〃 航跡Ⅱ 藪下彩子
  〃 心のかけはし絵てがみ10年の筆あと 永井喜代子
  〃 山巓に憩いあり 舩木 健
  〃 杉苔も庭の賑わい 山田義法
  〃 世界一周放浪の旅「アジア編」と「ワーキングホリデー編」 丸尾克広
  〃 戦後の日本とアメリカを結んだ700痛のエアレター-瀬底さん母娘を7年間支えた絆- 瀬底万亀・恒
  〃 船舶特攻の沖縄戦と捕虜記 深沢敬次郎
  〃 田中一光へのオマージュ-withandwithoutIKKOTANAKA- 木下勝弘
  〃 楽しむ竹の虫づくり 小原 清
  〃 月日は百代の過客 佐藤建三
  〃 「出会い」から続く「問いの道」 藤原一二三
  〃 敏男おじさんのひとりごと-明日への絵本- 狸小路きみこ
  〃 日本一周歩いて16年1992-2008 早川吉夫
  〃 初めての本作り 加藤錬三
  〃 「花も苦もある航空隊」「わが蟻の目人生」「百点・百話」の3冊 寺司勝次郎
  〃 母への絵手紙夢をありがとう 蓑田淳子
  〃 パリ音楽留学ノート 駒井ゆり子
個人誌部門 パンパの風趣に魅せられて?-ブェノスアイレス在住三十余年の体験記- 渡辺 弥
  〃 光とともに半世紀 東亜理化学研究所
  〃 フォッサマグナ・中央構造線を行く-断層沿いの交易路と文化交流の軌跡- 棚瀬久雄
  〃 僕のミュージカル修業 沢木 順
  〃 三沢の山 溝上多美子
  〃 魅惑の大地へ熟年ひとり旅-イタリア・クロアチア- 大串洋昭
  〃 目覚めのバロック 日野直子
  〃 「森」という字を- 小牧涼江
  〃 山手線は廻る環状鉄路の誕生 NPO市民フォーラム
  〃 凜-川俣石泉作品集- 川俣石泉
小説・エッセイ部門 赤い雪 watari
  〃 あの子と見た空-大人が読んでもおもしろい児童文学- 上原由枝
  〃 あの虹の彼方に 杉 富幸
  〃 嵐のあとには太陽が照る さるた みよじ
  〃 ありあけの月 青山眞子
  〃 行きあ旅バッ旅-イタリア・東欧編- 谷本亮輔
  〃 印波の森-松虫姫夢譚- 花山蛇行
  〃 うさぎ 井藤 藍
  〃 歌おうか、モト君。-自閉症児とともに歩む子育てエッセイ- 石渡ひとみ
  〃 女友達 今 海彦
  〃 女一人旅、ラオスの地雷処理現場を行く 鈴木 淑子
  〃 北に吹く風 宇津志 勇三
  〃 北の核 入江成美
  〃 気ままにエッセー猫の目 吉原 雍
  〃 クールベからの波 木戸博子
  〃 国鉄終焉-分割・民営化の種々草- 松田英昭
  〃 黒曜の女神 井利儀一
  〃 こころのままに-エッセ-抄1965~2010年- 伊東久雄
  〃 18歳の夏富士山頂で 宮尾美明
  〃 シルダリヤ川に流した赤い糸 藤本美智子
  〃 沈丁花短編集 堀木信次
  〃 続・フリーター物語 中臣光太郎
  〃 「大元気箱」と「大元気箱第2弾」の2冊 谷本亮輔
  〃 調剤薬局「アラカルト」 山村憲司
  〃 デビル・アイ-奥能登連続殺人事件- 彬原希勇
  〃 長き旅の果てに 山崎人功
  〃 七草物語秘話-野草たちに守り育てられた60年- 高見沢茂富
  〃 走って走ってウルトラマラソン-手繰り寄せた夢の250㎞- 浜中好美
  〃 花と緑の同窓会 田坂 仁
  〃 晩節の罠 小野三蔵
  〃 姫谷有情-まぼろしの赤絵・姫谷焼- 藤井登美子
  〃 ぶたおばさん4コマ日記-天道さまはお見とおし- 田中美和子
  〃 船と風にまつわる言葉たち 荒川 博
  〃 冬のいた場所 外川奈佳子
  〃 ボスポラスが見たいどうしても見たい! 熊谷 透
  〃 滅びをせんとや生まれけむ いづい央佳
  〃 麻衣子の小指 藤代美沙子
  〃 牧場のショルダーバック 松岡 健
  〃 Mom'sBlue 北條紘美
  〃 虫と人と環境と-北海道新聞「魚眼図」から- 岩佐光啓
  〃 モンパルナスの怪 佐野杏希子
  〃 雄大積雲(教育コラム) 瀬沼正幸
  〃 若菜酒 菅野正人
  〃 我が船旅遙かなり 中谷 徹
  〃 私のCHITCHAT物語 関田孝司
  〃 和同開珎物語 木内恭子
詩歌部門 あなたの心にそっとふれさせて下さい 榛谷泰明
  〃 新井章夫詩集「わが縄文」―アイヌ民族の詩人たち― 新井章夫
  〃 お姑さんありがとう 渡辺寿美子
  〃 覚醒しない言葉 松田英昭
  〃 歌集「薔薇を焼くⅡ」 宇都宮萬里
  〃 歌集風歴-個の存念をうたう第一歌集- 髙木文子
詩歌部門 歌集むさしの 瀬沼長一郎
  〃 歌集ゆりかごより 齊藤春敏
  〃 河伯の唄 吉本政幸
  〃 君にいい風吹きますように-支え、支えられ、難病を超えて- 鈴木信夫
  〃 今日を消す 高見 勝
  〃 句集「土に生きし」歌集「郷愁」 吉野富志子
  〃 句集嶺桜 大出岩子
  〃 句文集五線譜 山本高代
  〃 詩集かいたい凡書「発語の時間」「想の成る木」 高田みつ子
  〃 詩集佇む苑 寒川靖子
  〃 詩集場所・時間 茂呂光夫
  〃 シンデレラの斜面-泉紅実句集- 泉 紅実
  〃 精神障害と文字の対話第2集 片桐丈晴
  〃 宙ぶらりんの月 汐海治美
  〃 時の鎖-吉川敬子五行歌集- 吉川敬子
  〃 七色の詩 宗本智之
  〃 名もなき農夫の名もなき歌-和歌檀集- 福田和雄
  〃 南欧放浪 高畑辰弘
  〃 なんだかんだとめんどくせえ アン♀
  〃 ぱぁーの先には しほと れいか
  〃 父母の遺伝子 中野博夫
  〃 松風の音 三宅ハマ
  〃 水の色-酒井昌弘句集- 酒井昌弘
  〃 村雨 もとむら睦花
研究評論部門 相手を活かす競争の原理-未来を啓く日本人の心- 竹川信彦
  〃 アンテナ物語-その歴史と学者たち- 佐藤源貞
  〃 いひたいことにつき当たって-言葉と心の絡む国語教室づくり- 松金 進
  〃 沖縄-変わらぬ現実 渡部 允
  〃 カウンセリングマインド 手塚太郎
  〃 教師漱石の素顔 長谷尾 哲
  〃 元気で楽しく明るい学校-日本の自立と平和を考える- 服部仲範
  〃 「源氏物語」まで 岡安二三子
  〃 後庭花園-ソドミアの語誌- 龍渓瑠璃夫
  〃 コマのつぶやき 駒木根文幸
  〃 先に進みすぎた男-清水卯三郎伝- 伊達一雄
  〃 島崎藤村研究 栂瀬良平
  〃 親鸞と「他力」 浅井 勉
  〃 石神石佛 小山 浩
  〃 どうせ払うなら住民税より環境税 赤塚裕彦
  〃 長生き養生マカ不思議-養生博士の知恵袋- 松宮光伸
  〃 二億電子ボルト 重山康祐
  〃 2000年三宅島噴火と・避難-子供たちの記録- 松尾駿一
  〃 ニヒリズムの克服・「現代の精神状況」から「進化とは何か」まで6巻 与那嶺 清
  〃 日本の危機を救う主体的教育-実践編- 福島寿昭
  〃 「眠りの仕組みを知って不眠の悩みを解消する」など3冊 杉山弘道
  〃 2人のドン・キホーテと仲間たち-中国・ホルチン沙漠緑化に挑む日本人- 平松供子
  〃 平成三酔人経綸問答 木村晃郎
  〃 孫と爺の基礎・学力物語 奥 作三
  〃 矢島渚男俳句散歩 水上孤城
  〃 利休・織部・遠州の茶碗樂茶碗は茶碗ではない? 実方浩信
グラフィック部門 出動!ケンケンキッキの大冒険-どろんこアナモグの巻- こやまかずし
  〃 生命球物語 やぎさわ あきこ
  〃 全作品水野一昭 水野一昭
  〃 能登土の匂い塩の香り写真集 「ほっと石川」観光キャンペーン実行委員会
  〃 ひかるもの とくひら ようこ
  〃 ひとときの風のなかで2 徳嵩よし江
  〃 船と海かるた 荒川 博
  〃 ほのぼの布絵-童謡キルトの世界- 町田京子
  〃 わすれないでねかあさん(ゆっちゃんのくわのき) 公野由起江

【↑】