2000年度第3回日本自費出版文化賞の結果および選考経過



最終選考結果(部門賞・大賞)
入選作品(第2次選考の結果)

 第3回日本自費出版文化賞の最終選考会が6月1日、東京・吉祥寺のホテル東急インで開かれ、第2次選考通過作品から自費出版大賞および各部門賞が決定した。日本自費出版文化賞は日本の出版文化の重要な一翼を担っている自費出版の紹介と振興をはかる目的で1997年に設立された賞。(社)日本グラフィックサービス工業会主催・自費出版ネットワーク主管、朝日新聞社などが後援している。

 作品応募は昨年後半に行われ、全国から1051点の応募があり、今年1月から全国の審査員による第1次選考、4月の東京・八王子市の大学セミナーハウス遠来荘での第2次選考会を経て最終選考に残った64点を対象に色川大吉氏を委員長とする最終選考委員による選考会で大賞・各部門賞が選ばれた。(各作品の紹介は順次行います)。


<大賞> 
<地域文化部門賞> <個人誌部門賞> <文芸 一般部門賞> <文芸 歌・句集部門賞> <研修・評論部門賞> <グラフイック部門賞> <努力賞>

■ その他の入賞作品は次のとおり ■   


地域文化

  •  冬の街-山谷の窓口日記 山村柊午 
  •  豊里むがしむがし 佐藤幸夫 
  •  白保村風土記(第一集) 崎原久 
  •  歩みの会25周年記念誌『わいわいドタバタ日記』 歩みの会25周年記念誌編集委員会 
  •  もうひとつのレイテ戦 竹見智恵子 
  •  湯浅治郎と妻初 半田喜作 
  •  バンビはつづくよどこまでも バンビ共同保育所 
  •  あまみ民話絵本1~6 嘉原かをり(輪内保育所園児他) 
  •  奄美名音集落の八月歌 田畑千秋 
   

個人誌

   
  •  糸遊び 高橋紀世子 
  •  遠い日近い日 小西節治 
  •  遥かなる道 熊谷長平 
  •  商社マンのうちあけ話 細木正志 
  •  山椒庵日記 渡辺淳 
  •  あさなえの子供たち 田村峰政 
  •  雨の日も北京晴れ 則松淑子 
  •  娘とやくざとチャイコフスキー 三浦豊 
  •  山の放課後 松川由博 
  •  われ、ここにきて後悔せず一筋の人生 翁長徳栄 
  •  ちび黒先生体当たり 前澤和明 

文芸 一般

   
  •  SLの戦士たち 高橋長敏 
  •  刀とマンドリン 渡邉雅美 
  •  迷留辺荘主人あれやこれや-心理学者内田勇三郎の行き方の流儀 内田純平 
  •  鐘の音 伴貞子 
  •  さびたの残花 中村英史 
  •  ビルマ曼荼羅 梶上英郎 
  •  赤い月 白武留康
  •  詩集「助手A」 あいはら涼
  •  しなやかな暗殺者」 橘しのぶ

文芸 歌・句集

   
  •  身世打鈴(しんせたりょん) 朴貞花(ぱくちょんふぁ) 
  •  是風 西家孝子 
  •  第一滴 黒坂紫陽子 
  •  高安和子作品集 高安和子 
  •  オリーブの島 壷井久子 
  •  いのち輝く 松田錬太郎 (編者)佐熊位 
  •  歌集『メタセコイア』 石川英雄 
  •  歌集 杉の木 宮中 栄二 
  •  歌集 秘色 松本ますみ 

研修・評論

   
  •  国語国字の根本問題 渡部晋太郎 
  •  橘花は翔んだ-国産初のジェット機生産 屋口正一 
  •  加藤弘之とその時代 武田良彦 
  •  丹醸銘酒剱菱への旅 山京東伝 
  •  今すぐ役立つ鉄道旅行への道 松林秀樹 
  •  妖怪たちの劇場 久田俊夫 
  •  教育史散策 神辺靖光 
  •  土の歌人 中村柊花 ─ 若山牧水・喜志子とのえにし 三澤静子 

グラフイック

   
  •  回想のアルバム-京都市電- 品川文男 
  •  街角で出会った気になる風景 川谷清一 
  •  ライオン先生 泉昭二 
  •  かなちゃんのおはなし おおもりみつえ
  •  片野元彦作品集『絞と藍』 片野元彦・片野かほり 
  •  DIARIA SNAP SHOTSL 望月弘久 
  •  美し国伊勢路を彩る参宮街道三十六景 林徳一 
  •  アゴーン アゴーン事務局 
  •  季節が流れるお城が見える (故)岩根豊秀